T-MAX長巻を使ってフィルムを作ったみた


こんにちは(。・ω・)ノ゙ 
リヴィエールのジュンコですー


今回はモノクロの長巻から
自分でフィルムを作るブログです♪


自分で作るというか、
長いフィルムをパトローネに詰めるだけ
って思ってくださいませ・・・(急にしょぼい感じ。。)



まず長巻とは・・・・

フィルムの長いのがくるくる丸まっているやーつー
(説明が下手です・・・)

感光しちゃうので中身はこれです!な写真はないのですが、
イメージ的には小さい頃アメリカっぽいお菓子で紫のぐるぐる巻の
テープみたいに食べるやつで、ファミレスのレジで売ってたりしてて、
ちょっと高めのやつだからおばあちゃんに
こっそり買ってもらえたらラッキーやったなぁ・・・
っていう甘いガムの中身みたいな感じになってるのが、
長巻ですよっ!!

・・・はい。




まず用意するものは・・・


・長巻(今回はモノクロネガ、T-MAX400です。)
・ディロール(左上、黒い四角いの)
・パトローネ(長巻と同じ感度のもの)
・スプライシングテープ(右下のテープ)
・ハサミ(写ってません、すんません。)



では参る!


ディロール正面です。
 ディロール頭上です。

この中に長巻をセットしています。
セットする際は暗室orダークバック内で行います。

 ディロール内部です。ぱっかーん

撮影後捨てずにとって置いた
ISO400のパトローネを使います。
(ISO400以外のパトローネを使った場合、どうなるかはまた今度。)


長巻を巻く事を考えて、
自家現像する際にフィルムが
写真のように少しパトローネから出た状態で長めに残し再利用しています。


ディロールから少し見えてるのが長巻のT-MAXさん



空のパトローネを長巻を連結させます!

単純にテープでくっつけるだけなのですが、
できればこのスプライシングテープが良いです。
フィルムに粘着が残りにくい特徴のテープで
フィルムを接着するのに向いています。


表面の感じはツルツルで何ていうんでしょうか
カラーテープ?ラインテープ?
あのツルツルで手ではちぎれない感じです。

 だいたいこれくらいにカットして、

連結!
両面からテープでとめます。



上のように少し巻いて定位置にセット。

巻き取りレバーを一度外し、
ディロールの蓋を閉じてから、
もう一度巻き取りレバーを装着。

くるくるくるくるレバーをくるくる




メータが一周したら135で40コマ分巻けます。
カメラにセットしたらだいたい36コマ撮影できるくらいです。

巻く長さを調節したら24コマや10コマのフィルムも作れちゃいます。

自分で巻くと長さが調整できるのも
長巻を使用する利点です○


あとは切り離して・・・
完成です!




そしてこの方法で巻いたフィルムを
毎月第1土曜日開催の
で販売します。

次回開催は・・・
2/3(土)!!


◉T-MAX400(期限切れ、冷凍保存)
 1本36枚撮(40コマ巻き) ¥600-

 長巻で使用できる状態のパトローネ(DXコードISO400)をご持参頂いた方は
¥100-引きの¥500-で販売いたします!



フィルム現像会or写真飲み会
参加者の方のみご購入いただけます。


期限切れにはなりますが、バッチリ使えます!
少しは安いので期限切れ気にならない方はよかったらどうぞ〜




フィルム現像会&写真飲み会への参加
お申込みは下記フォームより受付致しております。

リヴィエールHPのサービス予約からもお申込み頂けます)




ご不明点ございましたら
Mail【info.riviere@urdarkroom.com】
までご連絡ください。


________________________


/Maison de Photographie RIVIERE
/メゾン・ド・フォトグラフィエ リヴィエール
twitter【@Maison_Riviere_】
Instagram【@maison_riviere_】


コメント

人気の投稿